FC2ブログ

“タミヤ 1/32 バイスイントルーダー” 

2014106VI12B オビ 完成
「タミヤ 1/32 バイスイントルーダー」です。
付属シールでマーキングを再現し説明書指示通り、丁寧に仕上げています。また、一部オリジナルのカラーリングや細部に市販のパーツを使いディティールアップも試みでいます。
改めてかつ久々に「リアルミニ四駆」を拝見しましたがやはりロマンを感じますね。
2014101VI1B
▲バイスイントルーダーのパッケージ。今ではなかなかお目にかかる事のできない貴重なリアルミニ四駆の1種です。
2014101VI2B
▲組み立て前の中身。クリヤーパーツがに経年劣化の黄ばみがありましたが塗装するので大きな問題ではないでしょう。
2014106VI1B
2014106VI5B
:主な作業:
(1)全パーツのゲート、パーティングライン、バリ等を含めた表面処理(400#~800#〜1000#)
(2)仮組み(パーツ同士の干渉、変形時の干渉、その他クリアランスの確認)
(3)ぬるま湯、洗剤洗浄、メッキ落とし
(4)ボディ関連パーツはクレオスブラックで下地作り
(5)各パーツの塗装(塗り分け)
(6)乾燥後、コンパウンドで中磨き
(7)付属ステッカー(シール)貼り付け
(7)ラッカー光沢クリヤーの吹き付け
(8)乾燥後、組み立て

:主な使用カラー:
・Mr.COLOR ブラック
・TAMIYACOLOR アルミシルバー
・TAMIYACOLOR ライトガンメタル
・TAMIYACOLOR マットブラック
・TAMIYACOLOR メタリックグリーン
・TAMIYAエナメル塗料各種
・その他
2014106VI2B
2014106VI3B
2014106VI4B
2014106VI6B
2014106VI7B
2014106VI8B
▲独特なフォルムのバイスイントルーダー。
ボディ関連のパーツ(クリヤーパーツ)は塗装が及ぶ部分をさっと#1000ペーパーをかけ、下地にブラックを吹き付けた後アルミシルバーで仕上げています。
依頼主様のご要望でコクピットと他一部にマスキングを施しクリヤー部を生かして塗装しています。
2014106VI9B
▲変形した状態。
変形は塗膜を傷めかねない作業の1つではありますが、今作は念入りにクリアランスの調整をしたので比較的スムーズに変形可能です。元々のキットが変形し易いのもあったのかもしれませんね。
2014106VI10B
2014106VI11B
▲ウィンドウ部等をマスキングし、下地(素材)のクリヤー生かし、中身のディティールやパーツを見えるようにしています。また、内部のディティールも組み上げ易くなるよう調整し、より内部が際立つように塗料も調整しています。
内部や露出するメカニカルな部分はつや消しに仕上げ、ボディ等はテカテカの光沢仕上げとなっています。
2014106VI12B
▲以上「タミヤ 1/32 バイスイントルーダー」でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト



2015/04/13 Mon. 21:58 [edit]

Category: 【制作日記(ブログ)】

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://1213umbrella.blog7.fc2.com/tb.php/758-c463da9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △