FC2ブログ

“タミヤ 1/32 ダッシュ3号・流星(シューティングスター) Ver.2014/8/18” 

201409D3SS9B オビ 完成
「タミヤ 1/32 ダッシュ3号・流星(シューティングスター) 」です。
今作では文字やロゴ以外のシールで再現する部分を全て塗装で行なっています。またその他塗り分けもきっちり再現しています。
2014818D3SS1
▲こちらがパッケージ。シャーシはMSシャーシです。
201409D3SS1B
201409D3SS5B
:主な作業:
(1)全パーツのゲート、パーティングライン、バリ等を含めた表面処理(400#~800#〜1000#)
(2)仮組み(ボディキャッチ部の干渉、その他クリアランスの確認)
(3)ぬるま湯、洗剤洗浄
(4)ボディ関連パーツはホワイトサフ(1000#)で傷の確認と下地作り
(5)各パーツの塗装(塗り分け)
(6)乾燥後、コンパウンドで中磨き
(7)ラッカー光沢クリヤーの吹き付け
(8)磨き出し
(9)組み立て

:主な使用カラー:
・Mr.COLOR ホワイト
・Mr.COLOR ブラック
・Mr.COLOR インディブルー
・TAMIYACOLOR フレンチブルー
・TAMIYACOLOR ブルー
・TAMIYACOLOR ブライトレッド
・TAMIYAエナメル塗料各種
・その他
201409D3SS2B
201409D3SS3B
201409D3SS4B
201409D3SS6B
201409D3SS7B
201409D3SS8B
▲各アングル。とても貫禄のあるボディです。
キャノピー(モノコック)は黒に見えてしまいますが、実はダークブルーです。
レッドのラインももちろん塗装再現しています。幅は1mmです。今回1番大変だった作業かも知れませんね。
201409D3SS10B
201409D3SS11B
201409D3SS12B
▲前後のダミーサスペンションもしっかり塗装再現しています。
ミニ四駆のボディはこのダミーサスペンションをきっちり塗装してあげると作品として引き締まって良い感じです。

またエアインテーク付近の3つの丸は塗装では少し小さくマスキングも困難だったので、この部分はディティール処理しました。全て塗装再現する今作においてはかなりオススメの処理です。
201409D3SS9B
▲以上「タミヤ 1/32 ダッシュ3号・流星(シューティングスター) 」でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト



2015/04/13 Mon. 13:14 [edit]

Category: 【制作日記(ブログ)】

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://1213umbrella.blog7.fc2.com/tb.php/756-83455758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △