FC2ブログ

”タミヤ 1/32 サンダーショットMk-2“ 

2012.2.1サンダーショットオビ
作業工程:
ボディの下地処理(バリ、パーティングライン、カット跡、傷等の処理。180#~400#~800#~1000#ペーパーでサンディング)→中性洗剤で洗浄→グレーサフー1200#で下地の確認→コクピット部をアルミシルバーで塗装→コクピット部をマスキング後、ホワイトサフ吹き付け→ピュアーホワイト吹き付け→乾燥後、再度マスキングをしメタリックブルー及びメタリックレッドにてパターンマークを塗装→乾燥後、少々の部分塗装とデカール貼り→ラッカー光沢クリアー吹き付け(砂吹き3回程~上げ吹き2回程)→しっかり乾燥させて完了。
2012.2.1サンダーショット9
2012.2.1サンダーショット10
2012.2.1サンダーショット12012.2.1サンダーショット22012.2.1サンダーショット32012.2.1サンダーショット42012.2.1サンダーショット5
2012.2.1サンダーショット52012.2.1サンダーショット62012.2.1サンダーショット72012.2.1サンダーショット8
(※サムネイルはクリックすると拡大できます。)
今作ではタミヤミニ四駆PRO1/32サンダーショットMk.2のボディの塗装をさせていただきました。画像の様にメタリックブルーとメタリックレッドの2パターンを制作。マーキングパターンはオリジナルデザインです。
2012.1.23サンダーショット
(※上の画像は下地処理後のボディです。)
今回はすでにFM加工、シャコタン加工されたボディを再成形、断面処理、ウィング下部やボディキャッチ部の接合部をプラ板で目隠しする加工を行っています。

また走行させる事を想定とされたボディなので塗膜の強いラッカークリアーでコート。デカールは水転写性のものなのでラッカークリアーとは相性は悪いのですが、慎重かつ丁寧に砂吹きを繰り返し、デカールに塗膜を作ってあげた後に上げ吹きして表面の光沢を仕上げてみました。
2012.2.1サンダーショット13
メタリックブルーの1号機。市販のデカールで「01」とマーキング入れてみました。
2012.2.1サンダーショット14
メタリックレッドの2号機。こちらも1号機と同様に市販のデカールで「02」とマーキング。デカールは全て市販されているデカールを使用。リヤウィング部にはカーボン調のデカールを面貼りし、全体の印象を引き締めてみました。

吹き付けに使用した塗料は全てタミヤ製です。クレオス製の塗料とタミヤ製の塗料では名前が同じでも若干色合いが違うものが多いので使用時は注意が必要です。
2012.2.1サンダーショット11
別角度から(1)
2012.2.1サンダーショット12
別角度から(2)

以上、タミヤミニ四駆PRO1/32サンダーショットMk.2でした。最後まで読んでくださりありがとうございます。今後もアトリエ鳳仙花をよろしくお願い致します。



スポンサーサイト



2012/02/02 Thu. 13:29 [edit]

Category: 【制作日記(ブログ)】

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://1213umbrella.blog7.fc2.com/tb.php/563-8f08381e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △