FC2ブログ

“タミヤ1/32スピンアックスVer:フォードGT40'69 ルマン優勝車” 

2011.9.7スピンアックス完成オビ
作業工程:
ボディの下地処理(バリ、パーティングライン処理400#~1000#のヤスリがけ)及びシャーシ等の擦り合わせ→中性洗剤で洗浄→ライト部等のブラック部をマットブラックにて塗装→ブラック部をマスキング後、ホワイトサフ吹き付け(2~3回程度)→コーラルブルー吹き付け→マスキングをし、オレンジ部を吹き付け塗装→更にマスキング施しブラックの線を塗装→乾燥後、デカール貼り→水性光沢クリアー吹き付け(砂吹き2回~上げ吹き2回程度)→乾燥後、タミヤコンパウンド各種研磨して完了
2011.9.7スピンアックス完成1
2011.9.7スピンアックス完成5
2011.9.7スピンアックス完成22011.9.7スピンアックス完成32011.9.7スピンアックス完成4
2011.9.7スピンアックス完成62011.9.7スピンアックス完成72011.9.7スピンアックス完成8
(※サムネイルはクリックで拡大できます。)
今作は1/32フルカウルミニ四駆スピンアックスをベースにVer:フォードGT40'69 ルマン優勝車を制作しました。
フォードGT40
↑上の画像が実車のフォードGT40'69です。
今回の制作では「実車の存在感」をテーマにスピンアックスをフォードGT40'69風に仕上げました。
ボディはフォードGT40'69を意識しコーラルブルーとオレンジで塗装。デカールはFUJIMI製の1/24スケールのデカールを使用しています。

またシャーシやギヤカバー等のパーツも塗装。こちらはマットブラックで統一。ボディキャッチの一部等をシルバーで塗装し、アクセントとしてみました。
今作も水性光沢クリアーでコート。ミニ四駆のボディ全てに言える事ですが、凹凸が多いので磨き作業には細心の注意を払いました。今作は鑑賞用の為、サーキットを走らせる事は考えていません。

上記で説明した様に、今作は鑑賞用なので塗装等の際に邪魔となるツメや取り付け軸等、すべての接続部を削ったり短縮する加工をして仮組みと塗装後の脱着を容易にしています。
2011.9.7スピンアックス完成9
2011.9.7スピンアックス完成10
2011.9.7スピンアックス完成112011.9.7スピンアックス完成122011.9.7スピンアックス完成132011.9.7スピンアックス完成15
今作では“実車感”を演出する為、ホイールやマーキング等にもこだわって制作しています。

<カスタムデータ>
使用キット:1/32スピンアックス
シャーシ:スーパー1シャーシ
モーター:無し
ギヤー:ハイスピードギヤー
その他:無し


:感想:
今回は依頼でタミヤ1/32スピンアックスを制作しました。依頼内容は「スピンアックスをフォードGT40'69にして欲しい」との事でした。今作ではボディ及び、シャーシ等のパーツも塗装を施しています。目指したのは「実車の存在感を放つミニ四駆」です。実車の持つ存在感を常に意識しながら制作しました(*´ー`)
キット自体は大変作り安いですが、古いキットの為か歪みや等が多く綺麗に塗装しようと思うと下地処理に手こずるキットかと思いました。まーでもミニ四駆ですし、大きな問題ではないですねwwそして、相変わらず子供でも分かりやすい説明書。毎回痛感します(●´ω`●)
最近、思うのがこのようにディスプレイモデルとして楽しむミニ四駆。走らせる訳じゃないから破損の心配も無いですしこれはこれで有りと思うのですww

2011.9.7スピンアックス完成16
以上、タミヤ1/32スピンアックスVer:フォードGT40'69 ルマン優勝車でした。長文失礼しましたm(_ _)m今後もアトリエ鳳仙花をよろしくお願いします。
スポンサーサイト



2011/09/08 Thu. 14:49 [edit]

Category: 【制作日記(ブログ)】

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://1213umbrella.blog7.fc2.com/tb.php/506-3f663d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △