FC2ブログ

2017.6.23 タミヤ 1/32スケール ミニ四駆 「スラッシュリーパー(初音ミク風カラー)」  

20170623SR完成 オビ正式
使用キットは「タミヤ 1/32 レーサーミニ四駆シリーズ No.66 スラッシュ リーパー (VSシャーシ) Item No.18066」です。
キットのメーカー希望小売価格は1,080円(本体価格1,000円)となっています。

20170607SR1
▲パッケージイラスト。

20170607SR2
20170607SR3
▲加工、塗装前のキット。
今作ではこのスラッシュリーパーを「過去作のスラッシュリーパーをベースに初音ミク風のカラーリング」で【2色以上の塗装(クリヤーコート)+α】のプランで制作して行きます。

20170623SR完成1
20170623SR完成5
▲完成した「スラッシュリーパー(初音ミク風カラー)」となります。
クリヤーはクレオス製ラッカー光沢クリヤーを使用し、塗装〜乾燥後に#2000耐水ペーパー+各種コンパウンドにて磨き上げており、仕上げにモデリングワックスを塗布しています。

【制作手順/完成までの流れ】
(1)全パーツの下地(表面)処理(#400~#800)
(2)仮組みにてクリヤランスの確認
(3)ぬるま湯+中性洗剤による洗浄
(4)ホワイトサフ(1000#)にて傷の確認と下地作り
(5)ピンク(コクピット、ボディ周辺等)の吹き付け
(6)乾燥後ピンク部分のマスキング
(7)ライトブルー(あばら状ディティール部、コクピット周辺等)の吹き付け
(8)乾燥後ライトブルー部分のマスキング
(9)ホワイト(側面上部等)の吹き付け
(10)乾燥後ホワイト部分のマスキング
(11)コーラルブルー(ボディ中央、側面下部等)の吹き付け
(12)デカールの貼り付け
(13)ラッカー光沢クリヤーの吹き付け
(14)乾燥後磨き出し
(15)モデリングワックス塗布
(16)組み立て〜完成

20170623SR完成7
20170623SR完成3
▲今作にて使用したデカールは「タミヤ 1/24スケール XANAVI GT-R(R35)」の物と「WAVE X・デカール4(ホワイト)コーションデカール」を使用しています。
デカールワークについてはこの作品の基となった過去作のスラッシュリーパーとは多少異なっています。

【主な使用カラー】
・TAMIYACOLOR ピンク
・TAMIYACOLOR ライトブルー(エアーモデル用)
・TAMIYACOLOR ピュアーホワイト
・TAMIYACOLOR コーラルブルー
等々

20170623SR完成2
20170623SR完成6
▲上記の【制作手順/完成までの流れ】でお分かりいただけるように、今作も複数回の細かいマスキングを施し丁寧に塗り分けています。

20170623SR完成8
20170623SR完成4
▲シャーシ等の別パーツにダイレクトに触れるフロントボディキャッチ部とリヤボディキャッチ部はクリヤーレスに仕上げています。

20170623SR完成9
▲ボディ前方部分のアップ。
塗装面とデカールの段差が目立たなくなる様に丁寧に磨き出しを行っています。

20170623SR完成10
20170623SR完成11
▲コクピット右側と左側。
こちらの部分が配色を除いて今作の最も過去作のスラッシュリーパーと異なる部分です。
「01」と「ヘキサゴンパターン」が良いアクセントになっていると思います。

20170623SR完成12
▲リヤウィング下部にあるディティール。
こちらも丁寧に塗り分けました。
地味ではありますが、スラッシュリーパーの制作において結構難易度の高い塗り分け箇所の1つです。



【感想】
今回の作例では「タミヤ 1/32 レーサーミニ四駆シリーズ No.66 スラッシュ リーパー (VSシャーシ) Item No.18066」を「過去作のスラッシュリーパーをベースに初音ミク風のカラーリング」+【2色以上の塗装(クリヤーコート)+α】のプランで制作させていただきました。
スラッシュリーパーのボディはリヤウィング以外成形一体型のボディとなっている為、塗装するとなるとそれだけの塗り分け難度が存在します。ミニ四駆のボディの中ではトップクラスの塗装難度かと思います。
「沢山塗り分けをしてオリジナリティーを出したい!」「綺麗に塗り分けしたい!」等の場合はそれなりの集中力と根気…つまり「折れない心」のようなものが必要に思えます。
しかし、カッコイイデザインのボディ+カスタムし甲斐のあるVSシャーシ+大径スリックタイヤ標準搭載でミニ四駆キットとしては間違い無くお得で優秀なキットの1つである事は確かなので興味があれば手に入れてみる事をオススメ致します。



20170623SR完成13
▲以上「スラッシュリーパー(初音ミク風カラー)」でした。
最後までご覧いただきありがとうございます。

今後も「アトリエ鳳仙花」をよろしくお願い致します。

スポンサーサイト



2017/06/23 Fri. 21:02 [edit]

Category: 【制作日記(ブログ)】

Thread:模型・プラモデル  Janre:趣味・実用

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://1213umbrella.blog7.fc2.com/tb.php/1412-3ce435d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △